店舗数拡大ペースが昨年の2倍・セブンイレブン(フィリピン)

HILIPPINE SEVEN CORP。(PSC)は、今年、セブン-イレブンの店舗をさらに300店舗U(昨年の2倍近く)の店舗を開設するために20億ペソを割り当てました。
300の新規店舗の半分が会社所有であり、残りの半分がサードパーティのフランチャイズ。制限の改善により、フットプリントをさらに拡大することができました。第2四半期には、特に住宅地に多くの新しい店舗をオープンしました。2021年、164店舗を新規出店し、全国で3,073店舗で年末を迎えました。
住宅地への拡大計画の他に、全国の店舗に現金自動預け払い機(ATM)の設置を継続し、2022年に1,500台のATMを追加する予定。
同社はまた、顧客のニーズに応えるために、食料品店やサリーサリーストアを模倣して、製品ラインナップの必需品を増やすことも検討しています。
これらすべての取り組みにより、同社は長年のブランドの信用に忠実でありながら、コンビニエンスストアのコンセプトを刷新することができたと言っています。
また、この業界での地位を固めるために、パンデミックの際に学んだことを活用すると、CEOのホセT.パルド氏は述べています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/07/29/464662/7-eleven-operator-allots-p2b-for-store-expansion/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談