アヤラランド・ロジスティックスがフィリピンで急増するデータセンタ事業を強化

AYALALAND Logistics Holdings Corp.(ALLHC)は5/10火曜日、グローバルなデータ センター運営会社・FLOW Holdings I Philippines Pte。と提携契約を締結し、全国の通信事業者に中立なデータセンターを開発することを発表しました。
フィリピンは、太平洋からアジアへの玄関口としての戦略的なロケーション、優れたネット接続性、再生可能エネルギーのための豊富な天然資源(太陽光、地熱、風力)により、アジア太平洋地域でデータセンターをホストするのに適した場所の1つとして急速に台頭しています。
フィリピンのデータセンター市場は、ビッグデータなどによるデータ量の急増、ビジネス、業務、サービスのデジタル化、5G接続、およびデータローカリゼーションの大幅な増加により、年間2桁の成長が見込まれています。 ALLHCは、2023年の第4四半期までに4.5メガワット(MW)の容量の施設を提供する計画です。
FLOWの数十年にわたるデータセンター設計・運用経験と、ALLHCの商業・工業用不動産開発の経験の組み合わせは、フィリピンのデジタルインフラストラクチャに対する高まる需要を満たすための理想的なパートナーシップと考えられています。

FLOWは、アジア太平洋地域全体のクラウド、ハイパースケール、エンタープライズデータセンターなどのデジタルインフラストラクチャエコシステムのネットワーク資産とファイバー資産に投資・運用し、現在、データセンター資産20億ドルを含む、500億ドルの運用資産があります。
Ayala Land、Inc.の子会社であるALLHCは、全国に工業団地、倉庫、冷蔵施設、および商業リース資産を所有しています。
主な開発としては、ラグナテクノパーク、パンパンガテクノパーク、カビテテクノパーク、などのフィリピンの有力工業団地があります。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/05/11/447626/ayalaland-logistics-partner-to-build-data-centers/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談