基本情報

概要

首都マニラ(首都圏人口約1,348万人)
面積298,170平方キロメートル(日本の約8割)。7,641の島々がある。
人口約1億903万人(2020年フィリピン統計局)
言語世界第3位と謳われる英語大国
国語はタガログ語、公用語はタガログ語、および英語。
80前後の言語がある。
識字率96.6%(2015年調査世界銀行)
宗教ASEAN唯一のキリスト教国。
国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%。
イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)。
都市人口密度
フィリピンマニラ13,600人/㎢
インドデリー12,400人/㎢
インドネシアジャカルタ9,800人/㎢
韓国ソウル8,800人/㎢
中国上海6,000人/㎢
タイバンコク5,200人/㎢
日本東京4,500人/㎢

人口推移

■出典:世界銀行 最終更新日:2020年4月9日

交通

フィリピンは東南アジアの中で、日本から一番近い国です。東京・大阪・名古屋・福岡・北海道から直行便があります。
主要都市のマニラやマカティからニノイ・アキノ国際空港が近く便利です。

東京からの飛行時間

所要時間
フィリピン4時間
ベトナム(ホーチミン)6時間
タイ(バンコク)7時間
マレーシア(クアラルンプール)7時間30分
シンガポール7時間30分
インドネシア(ジャカルタ)8時間
インド(デリー)10時間
オーストラリア(シドニー)9時間40分

フィリピンからの飛行時間

所要時間
東京4時間40分
ベトナム(ホーチミン)2時間30分
タイ(バンコク)3時間15分
マレーシア(クアラルンプール)3時間35分
シンガポール3時間25分
インドネシア(ジャカルタ)4時間
インド(デリー)11時間
オーストラリア(シドニー)8時間20分

政治

政体立憲共和制
元首フェルディナンド・マルコス大統領
議会上院:24議席
下院:316議席
閣僚副大統領:サラ・ドゥテルテ
外務大臣:エンリケ・マナロ

2016年5月9日の大統領選挙で南部ミンダナオ島ダバオ市のドゥテルテ市長(当時)が当選。2016年6月30日にドゥテルテ政権が発足しました。
ドゥテルテ大統領は、違法薬物・犯罪・汚職対策、ミンダナオ和平を重要課題に掲げている。また、連邦制導入のための憲法改正を目指しています。

■出典:外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/philippines/

1571年スペインの統治開始
1898年米西戦争
6月12日、アギナルド将軍が独立を宣言。
12月10日、米西パリ講和条約調印。
米の統治開始。
1935年独立準備政府(コモンウェルス)発足
1942年日本軍政開始
1946年7月4日、フィリピン共和国独立
1965年マルコス大統領就任
1972年戒厳令布告
1986年2月革命によりコラソン・アキノ大統領就任、マルコス大統領亡命
1992年ラモス大統領就任
1998年エストラーダ大統領就任
2001年アロヨ大統領就任
2010年ベニグノ・アキノ3世大統領就任
2016年ドゥテルテ大統領就任
2022年マルコス大統領就任

日比関係

両国間に大きな政治的懸案事項は存在せず、活発な貿易、投資、経済協力関係を背景に、両国関係は極めて良好です。2011年9月に二国間関係を「戦略的パートナーシップ」に位置づけました。
フィリピンにとって日本は最大の援助供与国です。

在日フィリピン人数 279,660人(2020年末時点在留外国人数 法務省データ)
全体の8.6%。国籍(出身地)別で、中国、韓国、ベトナムに次いで第4位

■出典:法務省|在留外国人統計

フィリピン基本情報
日本人に好まれる温暖な気候
アジア有数の親日国家
フィリピンの公用語は英語
世界No.1のマリンリゾート
シンガポールを上回るカジノ大国
フィリピン経済の動向
フィリピンの治安について
セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談