フィリピンのオンラインカジノ復活か?

フィリピン10大財閥の一角ルシオ・タングループ(LTG)の不動産部門Eton Properties Philippines, Inc. は、フィリピンのオフショアゲーミングオペレーター(POGO)の再興により、同社のオフィス開発に対する需要が下半期に回復する見込みだとしています。
POGOとは、オンラインカジノなどの運営を行う事業社で、コロナ前には主に中国資本のPOGOがフィリピンに進出して、不動産の賃貸マーケットに大きな需要をもたらしていましたが、コロナやフィリピン政府のPOGOに対する税制の変更で、撤退や一時オペレーションを停止する企業が増えていました。
そういった最中、ドゥテルテ大統領からマルコス新政権に移行し、この新政権の安定性と信頼感が徐々に認識され、市場が正常化し始めたことで、イートンプロパティーズは今年の下半期に賃貸スペースの需要が徐々に増加していくでろうととしています。その大きな要因が、POGOがフィリピンに戻りつつあることとしています。
そして、このPOGOのオペレーターは中国だけでなく、東南アジアの近隣諸国からもあるとしています。
同社によると、東南アジア最大のPOGO企業の1つと契約を結び、マカティ中央ビジネス地区(CBD)近くのイートンウエストエンドスクエアの6,000平方メートル以上のオフィススペースをリースしたとのことです。
POGOは、大きな雇用を生み出すので、従業員の住宅や周辺エリアでの消費が活性化するという波及効果が期待されています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/09/15/474682/tan-led-firm-expects-leasing-recovery-on-re-emerging-pogo/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談