マルコス大統領施政方針演説から見えてきた注目セクター

フィリピンの主要通信会社は、マルコス政権のデジタル政策に期待を寄せています。
国の主要な電気通信会社は、テクノロジーの接続性と使用を拡大する政府の計画への支持を約束しました。これは、フェルディナンドR.マルコスジュニア大統領が月曜日の施政方針演説で強調したものです。
情報通信技術局(DICT)に、国のブロードバンド計画、通信タワープログラム、海底ケーブル、光ファイバケーブル、および衛星技術ブロードバンドを通じてデジタル接続を拡大していく政策です。
マルコス氏はまた、量子コンピューティング、人工知能、ナノテクノロジー、IoT、ロボット工学、自動運転電気自動車、3D印刷、仮想および拡張現などの画期的なテクノロジーを活用して経済を活性化することを強調しました。
マルコス政権の優先措置を法制化したものが、電子統治法とインターネット取引法です。
これらをサポートするために、PLDT社は「ファイバーインフラストラクチャの範囲と容量を拡大し続けており、フィリピン全土でファイバーツーザホーム(FTTH)サービスを提供し、高地や離島に到達できるようにしています」と述べています。
「新政権がユニバーサルコネクティビティを優先していることを嬉しく思います。特に、デジタル化が私たちのすべての活動の中心であるこの重要な時期に」とコンバージのCEO兼共同創設者のデニスアンソニーH.ユーは声明で述べています。
DITO Telecommunity Corp.は、フィリピン全土の接続性を高めるというマルコス氏の政策を全面的に支持するととともに、「私たちはコミットメントを満たすために積極的にネットワークを構築しており、信頼性が高く高速なインターネット接続に対するフィリピンの消費者の高まる需要に対応するために大規模な投資を行っています」と付け加えました。
DITOの最高技術責任者であるRodolfoD.Santiagoは、サービスが不十分な地域とサービスが提供されていない地域に到達するために衛星技術を利用するという同社の計画も発表しました。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/07/27/463979/sona-call-for-universal-connectivity-pleases-telcos/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談