ロビンソンズ、国内最大のREIT上場

フィリピンの不動産開発大手ロビンソンズ・ランド(RLC)の不動産投資信託(REIT)法人、RLコマーシャルREITが14日、フィリピン証券取引所(PSE)に上場しました。REIT上場は国内4社目。235億3,000万ペソ(約520億円)を調達し、国内最大となりました。 
初値は6.55ペソ(約14円)を付け、公募価格の6.45ペソを上回りました。その後は6.44~6.55ペソで取引され、終値は6.46ペソでした。時価総額は約641億7,100万ペソ。
REITに組み込む物件は、マニラ首都圏などでオフィス物件を中心に14棟に上ります。総貸出面積は42万5,000平方メートルとなります。
ドミンゲス財務相は「新型コロナウイルス禍での国内4社目のREIT上場は、投資家がフィリピン経済の回復に楽観的であることを表している」と述べています。
不動産開発大手メガワールドのREIT法人MREITも月内に上場する予定です。

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談