フィリピン自動車販売台数急増

フィリピン自動車メーカー商工会議所(CAMPI)とトラックメーカー協会(TMA)の共同報告によると、4月の車両販売台数は消費者需要の改善を背景に前年比40.9%増の25,149台となりました。
4月の乗用車販売台数は前年比12.4%増の6,259台、商用車販売台数は53.9%増の18,890台。
年初来の販売台数は、99,903台を示しており、昨年の同時期に販売された88,155台と比較して13.3%増加、内訳は、乗用車販売は前年比10.4%減の24,582台、商用車販売は24%増の75,321台となった。
雇用と内需の全体的な改善に牽引されたものでです。今年の政府の経済成長目標である7%から9%は、業界の回復に重要な役割を果たすであろう。
市場シェアは、トヨタ自動車フィリピンが50.99%(50,945台)で最も高いシェアを占めており、三菱自動車(フィリピン)が13.28%(13,270台)、日産フィリピン(株)が7.59%(7,586台)と続いている。スズキPhils。、Inc.の販売台数は6.30%、6,294台。
2022年通期では、CAMPIは以前、336,000台の販売を目指していると発表しました。これは、前年の268,488台の販売台数に比べて17%増加。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/05/13/448237/automotive-sales-climb-41-in-april/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談