フィリピン大手不動産ディベロッパー・メガワールド社が、コロナ後経済回復に合わせて1,000億円以上の巨額投資を実施

MEGAWORLD Corp.(MEG)は、規制の緩和と経済の再開の中でプロジェクトの開発を加速し始めたため、今年の資本的支出(設備投資)予算を500億ペソに引き上げる。
2021年、同社が建設活動を再開したため、設備投資は約380億ペソに達し、当初の360億ペソよりもほぼ6%高くなりました。
総予算の75%は、不動産開発、特に新しい住宅の建設とタウンシップの土地開発に費やされます。残りの25%は、投資不動産とランドバンキングに使用。
マニラ首都圏、カラバルソン地方、ミンダナオ島に4つのタウンシップを追加で立ち上げる。新しいタウンシップは約500ヘクタールの土地をカバーし、これは約4,500ヘクタールの会社の既存の土地保有に追加されます。
これにより、メガワールドのタウンシップの総数は今年32になります。今日、国内の主要な成長センターの1つと見なされているこれらの新しいエリアで、住宅、オフィス、ホテル、モールのポートフォリオをさらに拡大する。
総売上高300億ペソの14の新しい住宅および商業用地プロジェクトを立ち上げる予定です。
これらの新しいプロジェクトは、カビテのメープルグローブとアーデンボタニカルエステートです。リサールのイーストランドハイツ; ラグナのハンプトンカリラヤ。バコロドのアッパーイースト; イロイロ市のイロイロビジネスパーク。パンパンガ州の首都、タギッグ市のマッキンリーウェスト。ラスピニャス市のアラバンウェスト。パシグ市のアルコビア、 パラワンのパラグア海岸; ブラカンのノースウィングローバルシティ、マカティ市にあります。
5月、メガワールドはカビテのジェネラルトリアスにあるメープルグローブタウンシップに最初の高級住宅地を立ち上げました。
メガワールドは、全国の約30の都市に、28の統合された都市タウンシップ、統合されたライフスタイルコミュニティ、およびライフスタイルエステートを持っています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/06/06/452866/megaworld-hikes-capex-to-p50b/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談