フィリピン再びインフラ建設ラッシュか!

EEI Corp.(EEI)は、政府によるインフラ開発の「強力な推進」により、建設業界が経済の主要な成長ドライバーの1つになると予測しているため、今年は成長するための「最高の位置」にあると考えています。
パンデミック中のプロジェクトの遅延によって抑制された需要を利用する。
EEIは、第1四半期の純利益が53.2%増の2億9,414万ペソ。
連結売上高は13.4%減の31.6億ペソでしたが、インフラプロジェクトの遅延が理由。
サウジアラビアでのEEIの合弁会社であるAlRushaid Construction Co., Ltd.は、多くの契約を獲得し、産業プロジェクトで引き続き好業績を上げています。
政府の「Build, Build, Build」プログラムを通じて、産業および建築プロジェクト、ならびにメガインフラストラクチャプロジェクトに入札し続けているため、より多くの契約を獲得するのに適した立場にある 。
EEIは、再生可能エネルギーのポートフォリオを拡大することを計画。
EEIのPetroSolarおよびPetroWind Energyへの投資は、再生可能エネルギー源の収益性が向上し続けるため、引き続きプラスの収益をもたらします。
PetroSolar Corp.はタルラック市に50メガワット(MW)の太陽光発電所を所有しており、PetroWind Energy, Inc.はアクラン州ナバスとマライに36MWの風力発電所を所有。
12月、EEIは優先株式の募集を行い、60億ペソを調達。資金は、現在および将来のメガインフラストラクチャプロジェクトの資金調達、負債の管理、資本的支出および新しいビジネスと新興技術への投資に使用されます。
EEIは、建設セクターの内外を問わず、他のビジネスチャンスを模索し続けていると語った。
「この見通しにより、EEIは、依然として進行中のパンデミックに注意を払いながら、生産的な1年先を楽しみにしています」と付け加えました。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/06/15/455071/eei-sees-construction-industry-as-growth-driver-in-2022/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談