フィリピン・ユニオンバンクが顧客向けにビットコイン売買サービス開始

フィリピンのユニオンバンク(UnionBank)は、モバイルバンキングアプリケーションを通じて仮想通貨交換サービスを提供する国内初のユニバーサルバンクになる準備ができています。
これは、テクノロジーとイノベーションを活用した顧客中心のソリューションを作成しながら、将来を見据えた銀行の取り組みにおける主要なマイルストーンです。
最近発表された機能は、UnionBankの「Tech-Up Pilipinas」の一部であり、フィリピン人のデジタルリテラシーを促進することを目的としています。
この新機能により、UnionBankの顧客は、サードパーティの仮想資産ウォレットを必要とせずに、モバイルバンキングアプリから直接ビットコイン(BTC)を売買できるようになりました。これにより、複数のアプリを使用する必要がなくなり、BTCの売買がより簡単かつ便利になります。
この新機能は、事前にランダムに選択されたUnionBankの顧客を通じて開始され、顧客はアプリで仮想資産機能を確認できます。この立ち上げは、仮想資産サービスに関する中央銀行Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規制に準拠しています。 そしてより広範なロールアウトもまもなく実行される予定です。
UnionBankの将来を見据えた戦略のコンポーネントとしてブロックチェーンを採用することは、メタバース でのフットプリントを拡大するという同社の取り組みと一致しています。
UnionBankは、4月に自社開発のNFTゲーム Ark of Dreamsとのパートナーシップを通じて、この新しいデジタル空間に初めて参入しました。
銀行は、今後数か月のうちに、同国初のメタバース センターオブエクセレンスを立ち上げたいとしています。

出典:https://business.inquirer.net/358856/unionbank-becomes-first-philippine-bank-to-offer-mobile-cryptocurrency-trading

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談