比の富豪ランク、SMグルーブ・シー一族が3年連続首位

米経済誌フォーブスが9日発表した2021年版「フィリピンの富豪50人」ランキングで、大手財閥SMグループの創業者である故ヘンリー・シー氏の子息らが総資産166億米ドル(約1兆8,270億円)となり首位を維持しました。ヘンリー・シー氏が死去した後に遺産が相続されてから、3年連続で首位になりました。
2位は不動産ビスタ・ランド・アンド・ライフスケープスを率いるマヌエル・ビリヤル氏で、総資産67億米ドル。以下、5位までは昨年から順位に変動はありませんでした。
6位には、昨年10月にフィリピン証券取引所(PSE)に上場した通信サービス会社コンバージICTソリューションズの創業者デニス・ウイ、マリア・ウイ夫妻が新たにランクインしました。外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)会長のトニー・タン・カクチョン氏は前年の9位から7位に浮上しました。
上位10人には入らなかったものの、今年6月に上場した食品大手モンデ・ニッシンの共同創業者で社長のベティー・アン氏が20ランク上昇し、18位につけました。同社の会長や最高経営責任者(CEO)もランクインしました。
フォーブスによると、上位50人の半数以上で資産が増加し、資産は合計で前年比30%増の790億米ドルとなりました。

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談