フィリピン大手不動産ディベロッパー・ダブルドラゴンがホテル101事業のIPOも視野に

フィリピン大手不動産ディベロッパー・DOUBLEDRAGON社のシンガポール部門は、グローバルな上場企業になるという目標の一環として、1億2,500万ドルの資本増強をオフショア資本市場で行うを予定です。
この資本行使により、日本のニセコにも開業を発表している同社のホテル101事業は、最終的に海外の証券取引所に上場することも視野に入れています。
この動きは、世界最大のホテルチェーンの1つになるという同社の目標に役立つと見られています。

この目標を達成するために、同社は、直接投資、他の国の地元企業との合弁事業、およびライセンス契約を通じて、2035年までに客室数を200,000室に拡大することを目指しています。
シリーズAとシリーズBの債権発行により、同社の総資本は現在の716億ペソから800億ペソを超える見込みです。
子会社のHotel101 Global Pte. Ltd.は、フィリピン以外のHotel101のすべての資産を保有します。
ホテル101 グローバルは、グループの国際事業拡大のために、将来、海外での新規株式公開(IPO)も視野に入れています。
Hotel101 GlobalのシリーズA トランシェは、オフショアベンチャー キャピタルや機関投資家向けに、来年 1月に開始される予定です。
また、同社は来年2月までに、ホテル101オーナー向けのアプリケーションをApple iOSおよびAndroidでリリースする予定です。
技術的に高度でユーザーフレンドリーな『Hotel101 Global App』は、同社のグローバルオペレーションの中核となります。
DoubleDragon は、Hotel101チェーンをグローバルブランドにすることを目指しています。同ホテルのターゲットは、ミッドエンド市場です。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/12/15/493210/doubledragons-singapore-unit-sets-125-m-offer/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談