大手ゼネコン・メガワイド社が日本から導入したプレキャスト工法を武器に低コスト高品質住宅で住宅市場で躍進

上場ゼネコン大手のメガワイド社(MWIDE)は、住宅開発会社のPHirst Park Homes, Inc.(PPHI)と8回目の契約を締結したと発表しました。
PPHIは、三菱商事とフィリピンの大手ディベロッパーセンチュリープロパティーの合弁会社です。
MWIDEは、カビテのPPHI分譲住宅地で、プレキャスト工法を活用して1,664戸の住宅を建設する予定です。また、2018年にも同じ州にPPHIタンザの住宅ユニットを建設しました。
この契約により、メガワイドのプレキャスト戸建住宅セグメントでのプレゼンスがさらに強化されます。

私も2年半ぶりにフィリピンに入っており、さまざまなフィリピン企業や不動産プロジェクトの進捗を現場に足を運び、実際に企業のトップや幹部に会い話しを聞いていますが、複数の日本やドイツの企業との提携を進めながら技術導入している東南アジア最大のMWIDE社のプレキャスト工場は、なかなかの圧巻でした。

効率化された高回転率のの製造ラインを最低限の人員で回しているため、抵コストと工期の短縮を実現しています。
また、それぞれのプロジェクトのプレキャスト住宅部品を製造するために、オンサイトのプレキャスト成形およびコンクリートバッチ処理プラントを素早く臨機応変に設置するオンサイトプレキャスト工場の展開も同社の強みです。
メガワイドの会長兼最高経営責任者であるエドガー・B・サアベドラ氏は、フィリピンの構造的な住宅不足問題への取り組みを支援したいと考えていると語っています。
このセグメントで長期的に需要が強いことをベースに、バリューエンジニアリング機能と革新的な技術を通じて手頃な価格で戸建住宅の品質を向上させる機会を提供していくことにも言及しました。
Housing and Urban Development Coordinating Councilのデータによると、フィリピンの住宅不足は2011年から2016年で570万戸となり、構造化しています。
国として、今後6年間で1日あたり2,600戸の住宅を供給していく必要があると言われています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/07/05/459206/megawide-secures-contract-to-build-1664-houses-in-general-trias/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談