巨人とフィリピンに意外な歴史が 巨人とJICAが協定締結「一緒に世界に野球を」

巨人は12日、国際協力機構(JICA)と連携協力協定を締結しました。

2015年にJICAと連携協定を締結し、開発途上国における野球の普及・振興を目指して、ジャイアンツアカデミーのコーチを派遣し野球教室を行うなどの活動を行ってきた巨人。その協定期間終了を受けて、この日新たな協定を締結しました。

JICAの北岡伸一理事長は、「全ての人がスポーツを楽しむ権利がある。平和に貢献できるよう支えになれれば」と話すと、巨人の今村司球団社長も「コロナ禍だからこそ、もう1度世界に目を向けて、JICAさんと一緒に世界に野球を推進したい」と意気込みました。

巨人は、2020年から2年連続でフィリピン・ミンダナオ島での野球教室を実施。日系人も住み、古くから野球が親しまれてきた地域といいますが、巨人の今村司球団社長によると、巨人とフィリピンの間にある“縁”があるといいます。

「アデラーノ・リベラという、巨人唯一のフィリピン出身の選手がいまして、実はその選手が巨人で“初めて満塁ホームランを打った選手”」という知られざるエピソードを披露。そんなゆかりある地で野球教室を今年も実施し、さらに現地の野球場を改修する構想もあると話しました。

今後も野球教室を通じた社会啓発活動を行う予定で、13日にはバングラデシュ野球代表へのオンライン指導を、26日にはフィリピン・ミンダナオ島でのオンライン野球教室を実施する予定です。
(Yohoo ニュースより) 現在、巨人軍にはフィリピン人ハーフの戸根千明投手がいますね。子供が多いフィリピンで野球少年が増えるといいですね。

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談