フィリピン政府がクリーンエネルギーと鉱山開発への投資誘致を強化

フィリピンは、世界のグリーンテクノロジーへの移行と、パンデミックに起因するデータセンターの需要が鉱業への投資を後押しすることを期待しています。
新たな鉱山開発の禁止が終了したことで、鉱石を単に輸出するのではなく、加工し付加価値をつけるための投資を誘因できるようになりました。
フィリピン投資庁(BoI:Board of Investment)は、2022年、国内外から約1兆ペソ(200億ドル)の投資を誘致することを目指しており、これは2021年から50%増加になります。
フィリピンは、よりデジタル化されたより環境に優しい世界に移行する際に、必要となる重要な鉱物(ニッケル、銅、コバルト)に恵まれています。これから重要なことは、これ鉱物資源をフィリピン国内で精製・付加価値をつけた上で、輸出することです。
フィリピンは、ニッケルの世界第2位の生産国です。ニッケルは、データセンターや電気自動車に電力を供給するために使用されるバッテリーなど、さまざまな電子製品に利用されます。
この計画は、大きなバッテリーを使用するハイパースケーラー・データセンターへの投資を促進するという政府の動きにもうまく適合しています。政府は最近、太陽光、風力、波の再生可能エネルギープロジェクトに対する40%の外国資本制限を撤廃するオーダーしました。

出典:https://www.bworldonline.com/top-stories/2022/05/30/451450/phl-sees-investment-opportunities-as-world-turns-greener/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談