フィリピン大物実業家ラゾン氏がオイルメジャー・シェルからガス田を買収

フィリピンエネルギ省は、マランパヤ深海プロジェクトにおけるShell Philippines Exploration BV(SPEx)の45%の株式を、Razon主導のPrime Infrastructure Capital, Inc.の子会社に売却することを承認しました。
エネルギー省(DoE)は、Prime Infraが技術的、財政的、法的にマランパヤガス発電プロジェクトの運営者として適格であると述べました。
このディールにより、SPEx は Prime Infraの完全子会社になります。
SPExはPrime Infraの一部門として、西フィリピン海のパラワン島の北西に位置するマランパヤプロジェクトをカバーするサービス契約(SC)38を引き続き運用します。
シェルグループは、フィリピンでの上流の石油採掘事業から撤退することになります。
フィリピンの大物実業家でPrime InfraのEnrique K. Razon, Jr.会長は、ルソン島の電力需要を支える生産を維持するために、できるだけ多くのガスを生産するためにできることをすべて行うとしています。
Prime Infraは、SPExの事業譲渡の移行プロセスが完了すると、11月1日にマランパヤの完全な所有権を取得する予定です。
マランパヤは、現在ルソン島の総電力需要の最大20%を供給しています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/10/04/478281/doe-clears-razon-takeover-as-malampaya-operator/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談