オンラインカジノ(POGO)撤退の影響は?

フィリピンのオフショアゲーミングオペレーター(POGOs)の撤退により、65万平方メートル(sq.m.)の空きオフィススペースが提供されるが、取引活動と需要の取り込みによって相殺される可能性がある、とコリアーズフィリピンは述べています。
オフィスセクターは、POGOから移行する必要があります。半分はすでに国を出たと思います。POGOのオフィスストック全体に対する現在の貢献はわずか5%に過ぎない。
POGOスペースの約半分がすでに在庫を離れており、空きスペースになっています。
コリアーズのレポートによると、9月時点のマニラ首都圏のオフィス全体の空室率は、1年前の15.7%から17.7%に増加し、240万平方メートルに相当します。
9月までの9か月で、総オフィスストックは1,340万平方メートルに達しました。
現在、約240万平方メートルの在庫があり、POGO以外のオフィスの需要を完全に吸収するには、約5年かかる見通し。
POGOが完全になくなると、約650,000平方メートルが追加されまるので、約310万平方メートルがオフィス在庫となります。
POGOの撤退によってもたらされるオフィススペースを追加すると、オフィスストックの合計をカバーするのに6~7年かかる見通し。
しかし、コリアーズ氏は、オフィス市場がPOGOの撤退を恐れてはならない2つの理由を特定しました。
第一に、現在、四半期ごとのリーシング活動が堅調、第二に、今後も堅調な要の取り込みが見られるということです。
したがって、POGOの完全な撤退が行われたとしても、オフィス部門が崩壊することはないと思います。なぜなら、エクスポージャーは非常に低いからです。としています。

出典:https://www.bworldonline.com/corporate/2022/10/28/483514/pogos-exit-seen-to-bring-650000-sq-m-of-office-space/

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談